ホーム > 塩川満章D.C.ブログ > Dr.塩川満章D.C.の素晴らしきカイロプラクティック人生 > 正しい矯正を行ったならばよい結果が期待できる

正しい矯正を行ったならばよい結果が期待できる

カイロプラクティックが評価されるのは、よい結果を出すことができるかにかかっている。

矯正により神経圧迫が取り除かれると、体の中にある治る力は正常になるために筋肉を引っ張ったりして変化する。そのときに新しい痛みなどが生じると、悪くなったように感じる患者もいるが、治る力はいろいろな変化を起こすためにあらかじめ患者に説明する必要がある。時には今までの痺れがひどくなったように感じるときもあるが、正しい矯正を行ったならばよい結果が期待できる。

長い間かけて神経圧迫が起こったならば、自然の力もまた時間を必要とする。よい矯正を行ったか否かを絶えずチェックしながら、カイロプラクティックを行なわなければならない。

私は世界を代表するカイロプラクターの矯正を数多く受けたが、サブラクセイション(神経圧迫)が取り除かれたときの矯正はとてもすばらしいものである。

※この記事は「学長ブログ・カイロプラクティック半生記」(2007年09月~2010年8月)に掲載されたものです。

コメントは受け付けていません。

Back to Top
  • Palmer College of Chiropractic