ホーム > 塩川満章D.C.ブログ > Dr.塩川満章D.C.の素晴らしきカイロプラクティック人生 > 西洋医学とは全く違う種類の治療法

西洋医学とは全く違う種類の治療法

私は長年カイロプラクティックの教育を行ってきた。30年前に、6ヶ月コースからスタートし、今では2年制のカイロプラクティックスクールを主宰している。

私がアメリカに留学した当時のパーマー大学は、プリカイロプラクティックで3ヶ月学ぶか、2年間の理科系の大学で学んだ後に初めて入学できた。パーマー大学も最初は6ヶ月コースから始まり、1年半、2年、そして4年制の大学になった。2代目のBJパーマーが学長のころは、カイロプラクティックの何たるかが徹底的に教育された。

しかし、現在のアメリカのカイロプラクティックの教育は、より西洋医学に近くなってしまったために、カイロプラクティックの教育がおろそかになってしまった。カイロプラクティックの大学を卒業してもカイロプラクティックを専門で開業できなくなり、偽西洋医みたいなカイロプラクターが増えてきた。私たちカイロプラクターがいくら努力しても西洋医にはかなわないし、なることもできない。まったく違う種類の治療法だからである。

BJ時代のカイロプラクターは、上部頚椎の矯正だけで立派にオフィスを経営できたが、現在のカイロプラクターは正確にサブラクセイションを割り出し、正確に正しい方向へサブラクセイションを取り除くことができなくなってしまった。

※この記事は「学長ブログ・カイロプラクティック半生記」(2007年09月~2010年8月)に掲載されたものです。

コメントは受け付けていません。

Back to Top
  • Palmer College of Chiropractic