ホーム > 塩川満章D.C.ブログ > Dr.塩川満章D.C.の素晴らしきカイロプラクティック人生 > 人間の出会いはまるで宇宙の法則に沿ったように不思議なもの

人間の出会いはまるで宇宙の法則に沿ったように不思議なもの

蒋暁松さんは、中国海南島での巨大リゾート開発、そしてボアオ・アジア・フォーラムの仕掛け人として、アジアはもちろん世界中にネットワークを持っている。父親が上海映画界の著名人で、母親は有名な女優であり政府の要人でもあった白楊さんとの間に生まれ、映画監督として第28回ニューヨーク国際映画祭で中国大陸出身者の映画人として初めて監督賞を受賞した人でもある。1989年から海南島の開発に着手して、ゴルフ場が40箇所作れる土地を有し、今後20年かけて人類が理想とする街作りに人生をかけている。

人との出会いはその人の人生を変えてしまうぐらい大切なことである。決して人を利用することではなくて、自然にその人の考え方や生き方に感動して人間として気が合うというか、その人と話していたら心が安らぐとかそういう感じになった時に最高の友情が生まれるものである。私と山崎さんはそういう関係であり、多くの知識人や経済界の重鎮たちを紹介していただいている。

いつだったか、私の患者で、料理界で有名な大矢さんがその時夕食を共にしている方々が私のカイロプラクティックの話になり、すべての人が私の患者だったと知って、びっくりされたことがあった。

人間の出会いは、まるで宇宙の法則に沿ったように不思議なものである。その中でも気が合う仲間を作ることが人生の幸せではないかと思うようになった。

蒋さんは箱根に友人たちが集まれるすばらしいログハウスを作られた。その山荘の名前は山松荘といい、約80の部屋からなる壮大な別荘である。8月14日には、そこに私たちの家族が招待され、バーベキューパーティーを開催してもらうことになっている。この別荘には多くの日本の著名人や中国の政府の要人が訪れ、日中関係の友好のために重要な役割をしているそうである。

※この記事は「学長ブログ・カイロプラクティック半生記」(2007年09月~2010年8月)に掲載されたものです。

コメントは受け付けていません。

Back to Top
  • Palmer College of Chiropractic