ホーム > 塩川満章D.C.ブログ > Dr.塩川満章D.C.の素晴らしきカイロプラクティック人生 > 最初のオフィスは2坪の待合室に5坪の治療室

最初のオフィスは2坪の待合室に5坪の治療室

私が1975年にベネズエラでの開業を終えて、東京に治療の拠点を置いてから多くの著名人に出会った。

私の最初のオフィスは文京区の江戸川橋にあった。2坪の待合室に、5坪の治療室からなる小さな治療室であった。

ここにはスイスの大使が来たり、ハリウッドスターのスティーブン・セガールが来たりした。スティーブン・セガールがまだ無名時代であった。彼は大阪の十三(じゅうそう)に合気道の道場を持っており、大阪から1週間に1回ほど治療に来た。彼は、当時関西学院大学で教鞭をとっていたブレイ先生の紹介でやって来た。ブレイ先生は父親がカイロプラクターであったために、とてもカイロプラクティックを理解してくれ、多くの患者を紹介してくれた。

当時私はカイロプラクティックの普及のために全国でセミナーを開いていた。そこから、多くの弟子が育ち、全国から私のオフィスに多くの患者を紹介してくれた。

私の弟子の1人に大阪で開業していた西先生がいた。西先生は農林省に勤めていいたが、その職を辞め、カイロプラクターになるために勉強をしていた。私がピアーズ先生を日本に招待してから、西先生はピアーズテクニックのとりこになり、私が主催したセミナーやピッツバーグにあるピアーズクリニックに訪問する時には必ず出席した。患者も1日100人ぐらい診るようになり、とても流行っていた。

西先生は、私に相撲の三保ヶ関部屋の力士たちを患者として紹介してくれた。当時、元横綱の北の湖関や増位山関などの治療をしていた。

※この記事は「学長ブログ・カイロプラクティック半生記」(2007年09月~2010年8月)に掲載されたものです。

コメントは受け付けていません。

Back to Top
  • Palmer College of Chiropractic