ホーム > 塩川満章D.C.ブログ > Dr.塩川満章D.C.の素晴らしきカイロプラクティック人生

Dr.塩川満章D.C.の素晴らしきカイロプラクティック人生

ゴールドマンサックス投信の初代社長山崎さんとの交流

ゴールドマンサックス投信の初代社長である山崎さんは多くの著名人を紹介してくださった。 仕事ができる人は常に孤独であり、家族の理解が必要であるので、奥さんになる人はよっぽど理解があり、耐えることができる人でないとお互いにだ … 続きを読む

長生きの秘訣

鳥羽会長から私のオフィスを紹介された石川正和さんは、ドトールコーヒーの一号店をデザインした建築家である。石川さんは現在80歳であるが、またダンスが踊れるようにとカイロプラクティックの治療を定期的に受けている。 今はスペイ … 続きを読む

ドトールコーヒーの創業者の鳥羽博道名誉会長との出会い

ドトールコーヒーの創業者の鳥羽博道名誉会長が、私の治療院に施術を受けにこられている。鳥羽会長はオーストラリアのゴールドコーストで開業しているカイロプラクターから私のことを紹介され、治療院にこられたそうである。 鳥羽会長が … 続きを読む

日本にマクドナルドを持ってきた藤田田さん

藤田田さんは、日本にマクドナルドを持ってきた人である。 ある日の昼に、銀座にあるとんかつ屋で私の斜め前で秘書の方と食事を取られていた。すると、翌日にある人の紹介で私の治療室に来られた。会社が私の治療室の近くにあったせいか … 続きを読む

ホテルカリフォルニア

あの有名な「ホテルカリフォルニア」を歌っているイーグルスのグレン・フライから文京区の目白にあるフォーシーズンホテルへの往診の依頼が来た。私が助手と共にポータブルのトムソンテーブルを持って行き治療すると、今度は他のメンバー … 続きを読む

マドンナ

マドンナのコンサートが日本であった時、私のロスアンジェルスの友人であるマドンナの専属カイロプラクターのドクター・レロイ・ペリーが一緒に来日してマドンナのグループを治療していたので、私も行くことになった。 ショーの前にドク … 続きを読む

歌手のティナ・タナー

私が最初に外国のエンタテイナーを診たのは、黒人歌手のティナ・タナーだった。 主催者のプロダクションから電話が入り、当時の赤坂のキャピタル東急への往診の依頼があった。部屋に着くと、もうすでにポータブルテーブルが用意されてい … 続きを読む

先代の貴乃花関との交流

ある時、大関で有名だった先代の貴乃花関を紹介され、診ることになった。貴乃花関とはプライベートでいろいろな所へ行った。 東京場所が始まると、毎日相撲が終わってから私の日本橋の治療室に来られた。大関を50場所もつとめられたの … 続きを読む

最初のオフィスは2坪の待合室に5坪の治療室

私が1975年にベネズエラでの開業を終えて、東京に治療の拠点を置いてから多くの著名人に出会った。 私の最初のオフィスは文京区の江戸川橋にあった。2坪の待合室に、5坪の治療室からなる小さな治療室であった。 ここにはスイスの … 続きを読む

Dr.アマルのカイロプラクティックへの姿勢に感銘を受ける

セミナーは1ヵ月に1週間あり、3ヶ月で1つのコースとなっていた。私は、一度、コースを通して受けた後、さらに、3ヵ月後に3ヶ月間同じコースを受けることにした。計6ヶ月間日本からサンフランシスコまで通ったことになる。 セミナ … 続きを読む

Back to Top
  • Palmer College of Chiropractic